ニッポン高度紙工業株式会社

研究開発

私たちは、セパレータ紙製造において培ったコア技術を
プラスチック代替材料の開発に活かしSDGsに貢献していきます。

<事例紹介>

ほんの一部ですが事例を紹介します。

空飛ぶ紙ふうせん/株式会社ヘイワ原紙様

当社製品の高い気密性という特長を活かし採用していただいています。卒業式や入学式等様々なイベントで使っていただいています。紙なのでメッセージを書くことができます。以前、高知県から上げた紙ふうせんを見つけた奈良県の方から返事を頂いたことがあるそうです。紙なので、海や森に落ちても分解されて自然に還ります。

無線ICタグ/立山科学株式会社様

当社の紙が、立山科学株式会社様にて開発中の乾式プロセスによる紙製ICタグに使われています。従来、プラスチックフィルムを使ったものが主流ですが、本開発品は、プラスチック未使用です。

極薄高密度紙シリーズ

“叩解”という繊維を揉み解す処理を極限まで行うことで、
厚さは最薄で15μm、密度は最大で0.95g/cm3の極薄高密度紙
厚さ15~40μm、密度0.75~0.95g/cm3の製品をラインナップ中

  • 特長
    ✔薄くて高密度
    ✔平均繊維長1mm以下と微細な繊維のみで構成
    ✔透気度や緻密性が高い
    ✔透明性がある
    ✔肌触りはやや硬く、パリッとした風合い
    ✔紙粉が出にくい
    ✔イオン性不純物が少ない(導電率、イオン濃度を管理)
    ✔導電性微粒子が少ない(銅・鉄微粒子数を管理)
  •   極薄高密度紙 (参考)印刷用紙 (参考)グラシン紙
    厚さ(μm) 15 〜 40 90 25
    密度(g/cm3) 0.75 〜 0.95 0.75 1.15
    透気度(sec)※1 検出限界以上 10 1400

    ※1:王研式透気度試験(ISO5636-6)

  • 極薄高密度

  • 印刷用紙

  • グラシン紙

  • 極薄高密度紙

    グラシン紙

高密度低密度二層紙シリーズ

1枚の紙でありながら、高密度な層と低密度な層の2つの層を有する特殊紙
当社独自の製法により、極薄高密度紙と同等の特長を持つ高密度層に、保液性に優れる低密度層をプラス
原料配合や叩解度合い(緻密性・濡れ性等)のことなる10シリーズ以上の製品をラインナップ

  • 特長
    ✔高密度紙と同様な特長+ 保液性に優れる
    *原料配合の調整により保液性向上品もラインナップ
    ✔イオン性不純物が少ない(導電率、イオン濃度を管理)
    ✔導電性微粒子が少ない(銅・鉄微粒子数を管理)
  • 表裏の濡れ性の違い

    ※動画解説:左が高密度層、右が低密度層。

  • 高密度層

  • 低密度層

  • 断面

溶剤紡糸セルロース紙

再生セルロース繊維である“溶剤紡糸セルロース”を原料とした紙
溶剤紡糸セルロースは叩解により無数のフィブリルが発生することを利用し、低密度でありながら緻密性が高い特長をもつ
厚さ25〜60μm、密度0.40〜0.50g/cm3 の製品をラインナップ中

  • 特長
    ✔低密度ながらも緻密性が高い
    ✔一般的な不織布よりも孔径分布が小さい (均一なホールが多い)
    ✔イオン通過性に優れる
    ✔肌触りは非常に柔らかくソフト
    ✔ワイピング(拭き取り)性に優れる
    ✔イオン性不純物が少ない(導電率、イオン濃度を管理)
    ✔導電性微粒子が少ない(銅・鉄微粒子数を管理)
    • 溶剤紡糸セルロース紙

    • 印刷用紙

  •   溶剤紡糸セルロース紙 (参考)印刷用紙 (参考)一般クラフト紙
    厚さ(μm) 25 〜 60 90 100
    密度(g/cm3) 0.40 〜 0.50 0.75 0.65
    最大分布孔径(μm)※1 ≦ 1 3 6

    ※1:バブルポイント法試験(ASTM F316-86, JIS K 3832)

お客様の課題解決に、新製品開発の実現に、私たちの材料がお役に立てれば幸いです。
ご興味がございましたらお気軽に連絡をお待ちしております。

製品に関するお問い合わせは ▶︎E-Mail