ニッポン高度紙工業
サイトマップ お問い合わせ ENGLISH
ホーム企業情報製品情報研究開発株主・投資家情報社会貢献活動採用情報
  ホーム > よくわかるNKKガイド[STEP3]
 
ニッポン高度紙のビジネスの舞台であるエレクトロニクス業界は、技術革新のスピードが速く、競争がとても激しい世界です。
そのような厳しい環境下でも、ニッポン高度紙の技術はデファクトスタンダード(標準技術)として、常に世界を一歩リードしてきました。その原動力は、
 
デファクトスタンダードになった製品から新たな顧客ニーズをキャッチし、休むことなくさらなるデファクトスタンダードにつなげる。ここにニッポン高度紙の強みがあります。
 

「紙」をベースとした高度な専門技術が求められることから、コンデンサ用セパレータの製造を専門とする企業は、世界中でもごくわずかです。
ニッポン高度紙はそうした数少ない企業のひとつであり、またトップシェアをいただいていることから、顧客に対して大きな供給責任を担っています。万一、供給が停滞した場合には顧客のみならず、産業全体に大きな影響を及ぼすことが想定されます。

 
 

昨今では、生産拠点の地理的リスク分散を目的として2012年、鳥取県米子市に米子工場を建設しました。地震の発生する確率がきわめて低いことに加えて、高品質のセパレータ製造に必要な良質の水資源と中国・韓国との貿易において重要な境港から近いというメリットがあります。この工場は、同年10月に操業を開始し、ニッポン高度紙の今後の成長において大きな役割を果たします。

ニッポン高度紙には顧客志向に徹する「世界に安心を売る会社」という基本方針があります。お客様には、製品に加えて、価格、納期、サービス、アフターケア、ニーズに応える開発能力を含めた「安心感」そのものをご提供するという考えです。
 
こうした徹底した顧客志向を社員ひとりひとりが実行し、地道に積み重ねてきた結果、顧客からの厚い信頼を得て、国内95%、海外60%という圧倒的なシェアにつながっていると考えています。
 
 
プライバシーポリシー 特定個人情報等の取扱いについて サイトのご利用にあたって 女性活躍推進
サイトのご利用にあたって プライバシーポリシー